狭いエリアでおすすめの切符

鉄道で旅行をする際は必ず切符が必要ですが、一般的な乗車券や電子カードを使う場合は、乗車の度に料金の支払いや清算をしなければなりません。そこで、使う事をおすすめしたいのが一日乗り放題の切符であり、この切符を使えば始発から終電までお得に乗る事が出来ます。乗り放題切符は、私鉄・大手地下鉄は500~2000円程度で買う事が可能で、長距離を数回乗るだけで元が取れてしまうコストパフォーマンスです。沿線の観光名所散策や寺社仏閣巡り・買い物・乗る事がメインの乗り鉄で利用する方に向いています。

 

乗り放題切符を提示するだけで特典利用が出来ます

一部の乗り放題切符は、沿線の観光施設を優待価格で利用出来る特典を提供していて、飲食店・大型ビルを始めとした利用料金が数百円程度割安に楽しめます。切符を提示するだけで割引価格が適用されるので、気軽に利用可能な点も魅力と言えるでしょう。

 

乗り放題切符を使う際の注意点

乗り放題切符は紙媒体で利用する事が多いですが、その際に最も気を付けたいのが切符の紛失です。鉄道事業者によって紛失時の対応が異なるものの、長距離区間の運賃を払うケースや、事業者が決めた金額を清算窓口で支払わなければならないケースがあるため、注意する必要があります。ポケットに入れる事はせずに財布や専用ポーチに入れておくと紛失する可能性は極めて低くなるため、管理は厳重に行っておきましょう。

 

期間限定・日時指定で利用出来る乗り放題切符

一部の乗り放題切符は、365日毎日購入可能な形態以外にも、土休日限定・長期休み限定といった発売方法を採用しているケースもあります。その切符を利用する場合は、事業者のホームページで事前確認しておく事を忘れないようにしましょう。